家出の動機が不倫の可能性

家出の動機が不倫の可能性について、あなたは考えてみましたか。

あなたの旦那や奥さんが急に家出をしてしまったという場合には、不倫が原因となっている可能性もあるでしょう。

家出をした動機によっては、置手紙をしている場合もあるでしょうが、不倫が原因の家出であれば、置手紙などは何も残っていないかもしれません。

結婚したばかりの頃は、当然ですが仲睦まじい間柄だったでしょうが、結婚から年月が経過するに従い、すれ違いも多くなり、会話も少なくなっているという家庭も多いでしょう。

さらに子供が生まれた後は、夜の営みも回数がめっきり減ってしまったというご夫婦も多いことでしょう。

毎日がマンネリ化してくると、つい外に刺激を求めたくなるものです。

一度きりのはずが、いつの間にか深みにはまってしまい、完全に気持ちが浮気相手に移っていた。

もう、今の夫婦生活を続けられない、自分の気持ちに嘘がつけないと感じ、浮気相手のところへと出て行くわけです。

浮気自体が、パートナーに気づかれないようにずっと水面下で進行していたわけですから、突如、家出をしたとしても、パートナーは何が起きたのか皆目見当もつきません。

事件事故に巻き込まれた可能性などを考える方も多いでしょう。

なぜ、パートナーが家出をしたのか、その原因に行きつくまでには、かなり時間を要することになるかもしれません。

また、浮気が原因で家出をしていたことが判明したとしても、今度は、パートナーを家に連れ戻すのか、それとも離婚をする道を選ぶのか、とても大きな決断を迫られます。

家出をした原因が浮気であれば、家出人を発見することに労力を要するばかりでなく、発見した後、さらに金銭的にも精神的にも苦痛を伴う可能性があると覚悟しておく必要があります。