家出をした原因がわからない家族

家出をした原因がわからない家族

家出人の探索法でおとなの場合についての解説です。
お子さんの家出っておとなの家出な場合は何より探し方というなら違ってくるのです。
警官に捜索願いが生じたにおいても、おとなの家出になる事例性などが見られないときいと申しますのは、念入りにリサーチを行って貰うという事は大変だと確信しています。

続きを読む≫ 2017/08/26 21:41:26

家出の動機が不倫の可能性について、あなたは考えてみましたか。

 

あなたの旦那や奥さんが急に家出をしてしまったという場合には、不倫が原因となっている可能性もあるでしょう。

 

家出をした動機によっては、置手紙をしている場合もあるでしょうが、不倫が原因の家出であれば、置手紙などは何も残っていないかもしれません。

 

結婚したばかりの頃は、当然ですが仲睦まじい間柄だったでしょうが、結婚から年月が経過するに従い、すれ違いも多くなり、会話も少なくなっているという家庭も多いでしょう。

 

さらに子供が生まれた後は、夜の営みも回数がめっきり減ってしまったというご夫婦も多いことでしょう。

 

毎日がマンネリ化してくると、つい外に刺激を求めたくなるものです。

 

一度きりのはずが、いつの間にか深みにはまってしまい、完全に気持ちが浮気相手に移っていた。

 

もう、今の夫婦生活を続けられない、自分の気持ちに嘘がつけないと感じ、浮気相手のところへと出て行くわけです。

 

浮気自体が、パートナーに気づかれないようにずっと水面下で進行していたわけですから、突如、家出をしたとしても、パートナーは何が起きたのか皆目見当もつきません。

 

事件事故に巻き込まれた可能性などを考える方も多いでしょう。

 

なぜ、パートナーが家出をしたのか、その原因に行きつくまでには、かなり時間を要することになるかもしれません。

 

また、浮気が原因で家出をしていたことが判明したとしても、今度は、パートナーを家に連れ戻すのか、それとも離婚をする道を選ぶのか、とても大きな決断を迫られます。

 

家出をした原因が浮気であれば、家出人を発見することに労力を要するばかりでなく、発見した後、さらに金銭的にも精神的にも苦痛を伴う可能性があると覚悟しておく必要があります。

続きを読む≫ 2017/08/26 21:41:26

家出の理由として、「いじめ」が関係している場合も考えられます。

 

いじめと聞くと、最初に小学校など子供の社会の話しを想起する方が多いでしょうが、現実には、いじめは、小さい子供だけではなく大人社会にも蔓延しています。

 

いじめの問題点の一つとして、人目につかない場所や、いじめられている本人以外には、分かりにく形で進行してしまうケースが多い事が挙げられます。

 

そのため、たとえ家族であっても、いじめの深刻さに気づいてあげることができず、また「いじめ」自体に気づくことができたとしても、その過激さや深刻度までは把握できない場合が多いのが現状です。

 

大人のいじめの場合には、

 

相手に言い返せばよいではないか

 

いつもは元気そうにしているし、そんなに気の弱い人には思えない

 

何かあれば、会社を辞めればいいじゃないか、難しく考えるな

 

相手が悪いんだったら、気にする必要はないじゃないか、イザとなれば会社のトップや警察に相談をすればよい

 

などと、家族は考えてしまいがちです。

 

本人は、自分の周囲の人間が誰も理解してくれないことで、さらに悩みは増してしまいます。

 

いじめは、次第にエスカレートしやすいという傾向がありますし、本人もどんどんと追い詰められ、気持ちの面でも逃げ場を失います。

 

すると、学校や職場に足が向かなくなり、さらに自宅にも居場所がなくなったと感じ帰宅できなくなり、家を出てしまうのです。

 

いじめが原因で家出をした場合、本人は次の大きな一歩を踏み出そうとした決断の結果の行動ではありません。

 

心に大きな闇や喪失感を抱いています。

 

家出をした当初から考えていたとは限らないでしょうが、フラフラとさ迷っているうちに、つい自殺をしようと考え始めても不思議ではない心理状態に陥りがちです。

 

あるいは、若い女性の場合であれば、自暴自棄な感情に漬け込まれ、児童買春や性犯罪の被害者になる恐れもあります。

 

子供のいじめの場合であれば、同じ学校の児童・生徒で、事情を知っている子供がいるかもしれません。

 

ですが、大人のいじめの場合には、周囲に事情を知っている人間がいないケースも考えられるでしょう。

 

もし、あなたの家族が家出をした原因に心当たりがないという場合には、何らかのいじめ被害に遭っていた可能性についても考えてみる必要があります。

 

また、いじめが原因で家出をしたのであれば、自殺や犯罪被害に遭遇する可能性も大きくなります。

 

一刻も早く本人を発見できるよう手を尽くす必要があるでしょう。

続きを読む≫ 2017/08/26 21:41:26

家出のきっかけが単なる遊び過ぎと言う場合もありますね。

 

特に家出をするような動機があるとは思えない、かといって、事件や事故に巻き込まれたとも考えにくい。

 

そういう時に、よくある話しとして、本人が単に遊び過ぎただけというケースがあります。

 

日中、友人と遊んでいるうちに次第に盛り上がってしまい、朝方になってしまったり、話しに花が咲き、気づいたときには朝になっていたなど、家に連絡をする必要があったことにも思い当たらないまま、悪びれずに朝帰りしてしまうというものです。

 

今は、友達の家に遊びに行き、一緒にゲームをするなんて、普通にことですよね。

 

ゲームの中には、一度スタートすると、自分で線引きをしなければ、エンディングまで何十時間もかかってしまうものも多くあります。

 

ちょっとだけのつもりだったのに、つい朝までやっていたということになったとしても珍しくありません。

 

家に帰ってきた後に、連絡がなかったことを心配していたと怒っても、まったく反省をする様子がないという子供も多くいるでしょう。

 

中には警察に捜索願いをすでに提出しているという場合もあるかもしれません。

 

ですが、たった一回、つい連絡を忘れたという理由であれば、まだ救いがあります。

 

数年前から使われ始めた言葉に、「プチ家出」という言葉があります。

 

未成年の子どもがちょっとお出かけ位の気持ちで、数日から数週間、家人に何の連絡をせず、家を飛び出して、友達の家や漫画喫茶などを泊まり歩く様を言います。

 

最初は、ちょっと気が緩んだことによる無断外泊だったとしても、次からは確信犯として外泊を繰り返すようなることが多いのです。

 

プチ家出は、未成年者をターゲットとした様々な犯罪に巻き込まれてしまう温床となります。

 

ちょっとした気のゆるみが、その後の大きな犯罪被害へとつながることのないよう、十分に注意する必要があります。

続きを読む≫ 2017/08/26 21:40:26

ホーム RSS購読